判り易い文章を書く

このサイトについて サイトマップ


アフィリエイトで稼ぐのは厳しい記事作成法⇒良い文章を作成


良いページ文章の条件


サブページに本論←|→見やすい文章にする

良いページ文章の条件を書き出すと次の様になります。

◆上から目線の表現にしない
◆わかりやすい
◆読みやすい
◆親しみやすい
◆解釈が1通りしかない
◆テキスト量が適量

わかりやすい文をいかに書くか、いかに読者に優しく見やすい文にするか、などです。

良いページ文章の条件


良いページ文章にする具体的方法です。

◆上から目線の表現にしたら稼ぐ以前の問題

アフィリエイトサイトの90%以上が「(な)のです」「でしょう」「して下さい」サイトになっています。
文章の最後が・・(な)のです。・・・でしょう。・・して下さい。

実に上から目線で『知らないあんたらに教えてあげる』・・・最低な文章です
しっかりした企業の公式サイトを良く見て勉強が必要です。こういう表現が一切入っていません。


◆イメージを湧かせる

文章を読む側からすると遠回りな洒落た勿体ぶった言い回しは敬遠されます。

インターネットユーザーは何か困っていて情報が欲しいから探しています。奇麗な文章を見たいのではありません。
アフィリエイトサイトでは、言いたいことはストレートに表現します。米国の論文の様な回りくどい表現は厳禁です。

また、具体性を持たせます。そうすることで検索者もイメージが湧くはずです。
「読んでイメージが湧くかどうか」にかかっています。イメージが湧くからわかり易くなります。


◆文章にリズムを持たせる

目指せ-8cm!痩せる体験。タップリ体験コース90分で525円!
これはあるエステのキャッチコピーですが見た時のリズムが感じられると思います。

これを普通に書くと、
90分の体験コースを受けて頂くと-8cmが実感でします。お値段はたったの525円です。

パッと見で良くわかるというより、、ただの説明文の感じになっています。

リズムがあるのかを見分けるポイントは「体言止めを使ってる」「短文で言いたいことを書いてる」「!や?を有効に使ってる」です。但し、使いすぎると逆効果です。


◆書き出しで引きつける

1、適度に体言止めを使う

体言止めはそれだけでインパクトを与え、リズムも整えてくれます。だからといってすべてを体言止めにするのは逆効果です。

2、短文にする

書き出しが長いとそれだけで疲れて読む気が失せる人もいるかもしれません。
文の書き出しは伝えたいことを要領よくピンポイントでまとめます。

何回も言いますが、人はサイトの中身は読みません。見るだけです

3、難しい表現を連発しない

難解な論文がサイトにも載っています。「ここはお堅い感じのサイトなんだな」ってサイト全体に対する悪い印象を与えます。

堅いのがダメだという事ではありません。堅い内容でも文章位は判りやすくできる筈です。
書き出しでどうしても難解言葉を入れたいなら、その文中の最後の方に持って行きます。

例えば、「ダイエットとは〜である」より、「〜なのがダイエットである」のように書き出しにおける難解語は後ろが鉄則です。

4、「」を使う

「」は話し言葉や強調部分で使いますが、目につきやすい記号として大活躍します。
書き出しにはもってこいだと思います。但し、これは趣味の問題かも知れません。

5. 見出しを付ける

何について書かれた内容かを標語的な見出しで表現します。いきなり文章がくるより、はるかに見やすくなります。
その為に見出しタグが用意されています。

但し、見出しダグをデザインの為に使うのは良く有りません。google品質ガイドラインに反します。

見出しダグを使用しなくても、方法は幾らでもあります。