TOPページからの発リンク

このサイトについて サイトマップ


アフィリエイトで稼ぐのは厳しい ⇒ SEOあれこれ ⇒ TOPページからの発リンク


TOPページからの発リンク


キーワードの近接 ← | → 相互リンクでの注意




このページを見ている方の中にも、色々なサイトと相互リンクをしている人もいると思います。

相互リンクしてくれるのを募集しているサイトもあり、その中には図々しくこちらのトップページを

要求しているのもあります。

自分はトップからでは無いのに、相手には求めます。

で、そういうサイトへトップページから発リンクだすとします。

サテライトならトップページから自分のメインへ発リンクを出すとします。


◆ トップページからの発リンク数は50〜100を上限にします。


◆ 自サイトのテーマと関連の無いページへの発リンクは止めます。

例えば、あなたのサイトがアフィリエイト関連のサイトだとします。

もちろん上位表示させたいキーワードはアフィリエイト関連のキーワードです。

seo対策を意識してるのは分かりますが、トップページにアフィリエイトに関係の無いアンカーテキストや

外部リンクを過剰に増やすと、本来の自分のアフィリエイト関連のキーワードは軽視されてしまい自分で自分

のサイトを上位表示しないようにしてる事になります。

トップページにリンクをしないと登録してくれないサイトなどありますが、テーマが一致している所へ
発リンクとする様にします。

無理やりに発リンクを出したが為に、自サイトがアフィリのサイトなのに、検索、エンジン、サーチ

相互、リンクと言うテキストが記事の中で出現率上位を占めたりしていませんか?


結局は、相互リンクはロクな事は有りません。

相手のサイトの評価に自分のサイトの評価が引きずられてしまいます。

充分に信頼できるサイトとの相互リンクは構いませんが、今度は相手から自分の質と問われます。

相互リンクは止めた方が無難です。

もし、相互リンクしていたのなら、自分のサイトのリンクタグを削除してしまうだけの簡単作業で済みます。


サテライトからメインサイトへのリンクでも同じです。

一度、チェックして見て下さい。かなり重要な事ですのでね・・・・。

◆ リンクファームしない。

リンクファームは特定のウェブサイト間でリンクを張り合う行為です。

テーマの関連性が無いサイト間で乱発すると、最悪インデックス削除されます。

サテライトのトップページ間でやってしまいそうですが、要注意です。





関連記事


もしも「今からアフィリエイトをやろう、稼ぐ。」 と考えているのでしたら、悪い事言いません。
本格アフィリエイトを断念して趣味+αにするか、本格的に勉強をするかのどちらかにした方が良いです。
アフィリエイトに必要なもの、事。それほど多くは有りません。
インターネットに接続されたパソコン、ASPに登録申請、ドメイン取得、レンタルサーバ、ブログ登録&投稿、サイト作成&サーバアップ、検索エンジンインデックス、地道なSEO。
ASPにアフィリエイト登録して初めてアフィリエイトが可能になります。
各ASPともアフィリエイト登録申請時にサイトかブログを提示して審査を受ける必要があります。
アフィリエイトサイトの同一ページに異なるASPの広告を並列同時掲載することもできます。
何とかサイトを作成してレンタルサーバにアップしても、そのままだと大海の孤島で誰も存在を知りません。
すぐ検索エンジンに登録して下さい。キャッシュとかインデックスとか言ってます。
携帯やスマートフォンなど、その時の最先端向きアフィリ教材もありますが、スタリも早くなります。
時代やツールが変っても、商材選定〜サイト構築などの取組み方や思考は変りません。
その辺りを詳しく解説しているものを選定しました。