アフィリエイトモデルの承認率という罠

このサイトについて サイトマップ


アフィリエイトで稼ぐのは厳しい⇒アフィリで稼ぐ為に⇒承認率という罠


アフィリエイトに仕掛けられた承認率というハードル


広告主が圧倒的に優位←|→参考にする、真似る




記事9 ★アフィリエイトで稼ぐ難関「承認率」のハードル★

アフィリエイト報酬月10万を当てはめて見ましょう。と前に書きました。

実はこの10万円、売り上げた額に対するアフィリエイト報酬では有りません。

前の例で言うと、アフィリエイトで330万売り上げても、アフィリ報酬は10万に届きません。報酬はせいぜいその40〜50%です。

アフィリエイトで10万の報酬を得る為には700万くらい売り上げる必要があります。

330万売り上げても安心できません。それがアフィリエイト報酬10万には決してならないからです。


理由は承認率にあります。


広告主が売上1件毎に承認しないとアフィリエイト報酬は発生しません。却下されたら報酬は0になります。

承認率=承認して確定した売上÷売上

承認率は40〜50%なのです・・・・。又承認まで2〜3ヶ月待たされます。


却下される理由として考えられるのは

・サンプルを広告しているのに、本物を購入した?

・初めての人が購入したら報酬発生のところ、2回目以降の利用だった?

・注文したが期限までに入金しなかった?

・担当者の気分が悪かった?二日酔い??(・_・?)



?が付いているのは、想像だからです。

”却下理由はアフィリエイターには一切通知されない”のです。


「今月はコストが厳しいから」、「他の広告費の埋め合わせに」なども行われていると思います。

だからアフィリエイターには公表・通知しないのでしょう。公表しないんだったら何とでも出来ますよね。


アフィリエイトモデルは実に不透明で理不尽な仕組みではあります。


『アフィリエイトで稼ぐ環境で、フェアにして下さい』


ちなみに、インフォトップは承認率100%です。