リズム有る文章にする

このサイトについて サイトマップ


アフィリエイトで稼ぐのは厳しい記事作成法⇒リズムある文章にする


リズムある文章の条件


見やすい文章にする←|→文章表記法も意識する

何事にもリズムが存在します。リズムがいいと何事においても効率がよくなります。

もちろん文章にもリズムがあります。文章リズムが良いと読者もスラスラと気持ちよく読むことができると思います。

文章を読むのが苦痛にならないようなリズム感のにポイントは以下の様になります。
但し、余り気にし過ぎないようにするのが良いです。中身の方が重要ですから・・・。


◆文末に気を配る

くれぐれも「・・なのです」サイトにならない様に見て最低です

これは書いている本人が一番気付きにくいことでもあります。
書く側としては常に文末に気を遣って、単調や尊大な文章にならないようにすることが大切です。

文末に変化をつけてメリハリのある文章を作ります。
これは知人などに一度読んで頂いて、指摘して貰うとよいです。

もう、アフィリエイトで稼ぐなどと言う前の基本的な問題です。


◆簡潔な文章にする

同じ内容の文章でも書く人によって総文字数が格段に違ってくる場合があります。

長い文章はウェブサイトでは特に敬遠されます。長くなる原因として、良く考えないで書いてると知らないうちにムダな言葉が入ってることが多くなります。

自己満足な文章は読者にとっては邪魔になってる可能性が高いんです。無い方ずっと良くなります。


◆接続語は使用を控える

「つまり」「要は」「しかしながら」「そして」「だから」「けれども」これらは、使わなくても前後の意味が通る場合は使用しないほうがマシです。

有ると尊大な回りくどい印象を受けます。
使いすぎると、そっちのほうに気がいってしまい、使用個数を数えたりします。
もう読んでは貰えません。


◆読点の位置を適切にする

読点「、」の位置で迷ったことはあると思います。
でも厳密に「必ず読点をつける!」といった方式を1から覚える必要はありません。

こんな事を気にしながら文章を読む人はいません。


◆読点は多からず少なからず

読点は多すぎるほうが文章のリズムは悪くなります。読点は「区切る」意味ですので、読点が多いと読者はいちいち止められる感じがして、読んでるうちにストレスがたまります。

コツとしては、本当に必要で解釈に誤解がでてしまうなど最小限に抑えておくことです。
心配なら知人や家族などに見て貰うのが一番です。