GOOGLEの推奨するページ作成

このサイトについて サイトマップ


アフィリエイトで稼ぐのは厳しいSEOあれこれ⇒GOOGLE推奨ページ作成


この章について


|→バックリンク

アフィリエイトサイトを作成して検索エンジンに登録したら、次にはseo対策が待っています。

SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)、これが中々厄介で、色々な経験から「コースレバ良い様だ」と言われてます。

上位表示の条件は検索エンジン様しか知り得ない事なのですが、この章ではその内容を紹介します。

色々トライしても簡単には上位表示され無いのも事実です。ライバルも多いからです。

googleはパンダアップデートに続いて、小手先のスパム的seoを駆逐すべきペンギンアップデートをリリースしました。

但し、相互リンクで無い一方リンクでマイナス評価される事は有りません。購入リンクや低質ディレクトリサービスでもマイナスにはなりません。評価0なので無駄になるだけです。

原点に戻ると、検索者に有益な情報を提供する、googleのガイドラインに合致したサイト作りが究極のSEO対策だと思います。稼ぐアフィリエイトサイトはここを重視しています


そういう時代に入って来たのだと思います。
記事内容を評価する時代も直ぐに来ると思います。





アフィリエイトサイトは最低限GOOGLEが推奨するページ作成をする

YAHOOが検索エンジンにGOOGLEを採用してからSEOも随分とかわりました。

又、ペンギンアップデートがリリースされ、今までの小手先のSEOは通用しなくなりました。

もう、しっかりしたコンテンツを備えないサイトでないと、上位表示は難しくなりました。

コンテンツが充実していないアフィリエイトサイトでは稼ぐ事が厳しい時代になりました。

検索者に有益な情報を発信する事が、究極のSEOとなった感じです。

GOOGLEが重要視しているには次の事が基本になっています。

・検索者に有意義で役立つ情報を提供する。
・検索エンジンや検索者に対してフェアで有る事。
・良質な被リンクを受ける。この3点が大きな柱になっています。


早速ページの構成を見直した方が賢明です。その次が被リンクです

・ページ構成をキチントしたものにする。これに関しては、公開されています
ので一読すべきです。

googleのガイドライン


■GOOGLEが推奨しているページの作成方法■


1.読み手に判り易いページにする。


@<title>○○・・・○</title>の内容を良く吟味する。

検索エンジン、検索者にとって最も重要な部分です。
この中にページのキーワードを含ませます。
キーワードの位置は極力左側へ来る様にします。凡そ全体で30文字程度。


Ameta descriptionの内容は手を抜かない。

検索一覧に出てくる内容です。検索者はここで内容を判断します。100文字程度設定します。


Bmeta keywordは有っても、無くても構いません

キーワードを明示的に指定する場所は現在では、もうありません


Cタイトルとmeta descriptionの内容はページ毎に変える。

同一キーワードで行きたい場合でも、文章内容はかえるという事です。
但し、同一であってもペナルティ受けたり、SEOで不利にはなりません。


D記事内容を豊富にする

タイトル中に入れたキーワードが本文に5〜10%程度入った記事を作成します。
キーワードは極力近接させた、自然な文章記事にします。指示代名詞(あれ、これ、それ)

はなるべく使用せずに、ストレートにキーワードを使用しながらも自然な文章にします。
強調したい語句は文字修飾します。但し、やり過ぎない事が肝心です。

文字数は最低でも1ページ800字は必要です。


E見出しを入れる

h1、h2・・・・h6までのみ出しをいれ、読み手の目の運びをガイドする目的です。
嘗ての様に、h1はもはやキーワード、SEOの意味は無くなっています

本来の段落構成を示すものになっています。文字色・大きさなどはスタイルシート
で決めて下さい。


Fパンクズナビで中間章をガイドする

ページ間で章立てになっている場合に特に必要です。章の先頭やトップページへはリンクをクリックして移動できる様にします。


G章内ページ間をナビゲーションでガイドする

トップメニューやサイドメニューは良く設置されていますが、ページ数が多くなると特にサイドメニューは下方が見えなくなります。

わざわざスクロールして見て呉れる人のは余りいません。
その為に、ページの上部に「前ページ」「次ページ」に移動できるリンクを設置します。


2.読む人や検索エンジンを騙さない


@隠しテキスト隠しリンクを入れない

背景色と同色の文字で見えなくしたり、極少文字で書いたりリンクを設置しない様にします。
最悪ペナルティを受けます。


A登録したページは全て閲覧できる様にする

閲覧が難しい、又はリンク切れは最悪です。必要なくなったらGOOGLEへインデックス削除依頼して削除して下さい。

削除したく無い場合は、そのページは、必ず閲覧できる様にします。


B目的のページまでは、3クリック以内で行ける様にします


C完全に同一内容のサイトをURLを別にして登録しない


以上を守り、被リンクを受ければ内容はともかくSEO上でかなり有利になります。

有利とは稼ぐ事の出来るアフィリエイトサイトと言う事です。

「被リンクを・・」と考える前に先ずは、上記内容でページを作成するのが先決です。

稼ぐ、稼がないは別として、アフィリエイトで上位表示をめざすのでしたら、まずは少々の事ではビクともしないサイト構造にする事が重要だと考えます


一度ペナルティを受けると、いくら修正・再審査要求しても解除されません。
ガイドラインに沿っていません。」の返事が来るだけです。

ページの見直しが完了したら、検索エンジンに登録して、被リンクです。





関連記事


もしも「今からアフィリエイトをやろう、稼ぐ。」 と考えているのでしたら、悪い事言いません。
本格アフィリエイトを断念して趣味+αにするか、本格的に勉強をするかのどちらかにした方が良いです。
アフィリエイトに必要なもの、事。それほど多くは有りません。
インターネットに接続されたパソコン、ASPに登録申請、ドメイン取得、レンタルサーバ、ブログ登録&投稿、サイト作成&サーバアップ、検索エンジンインデックス、地道なSEO。
ASPにアフィリエイト登録して初めてアフィリエイトが可能になります。
各ASPともアフィリエイト登録申請時にサイトかブログを提示して審査を受ける必要があります。
アフィリエイトサイトの同一ページに異なるASPの広告を並列同時掲載することもできます。
何とかサイトを作成してレンタルサーバにアップしても、そのままだと大海の孤島で誰も存在を知りません。
すぐ検索エンジンに登録して下さい。キャッシュとかインデックスとか言ってます。
携帯やスマートフォンなど、その時の最先端向きアフィリ教材もありますが、スタリも早くなります。
時代やツールが変っても、商材選定〜サイト構築などの取組み方や思考は変りません。
その辺りを詳しく解説しているものを選定しました。