見易い文章にする

このサイトについて サイトマップ


アフィリエイトで稼ぐのは厳しい記事作成法⇒見やすい文章にする


見やすい文章の条件


良い文章を作成←|→リズムある文章にする

見やすいアフィリエイトサイトを作るにはどうすればよいかです。

これは「文章のわかりやすさ」とは別の問題です。見やすい文章はぱっとみて見やすい。
と思わせるテクニックが必要です。「見やすい文章」は外面的なビジュアルです。

書いてある内容が素晴らしくても、ビジュアル的に惹かれるものがないと、訪問者はそのページだけ見て去ってしまいます。見た目の第一印象は非常に重要です。

稼いでいそうなアフィリエイトサイトは以下も細心の注意を払っています。


◆文字の大きさに注意を払う

アフィリエイトサイトを作ってると文字の大きさについて悩む人もいると思います。
文字は小さすぎるのが一番ダメです。読めませんから。それなら大きすぎたほうがまだマシです。

でも大きすぎるとページが縦に長くなってしまって、下スクロールしないと見えません。
人はスクロールしてまで下を見ません

文字の大きさを決めるヒントとして、バランスを考えることです。
基本テキストの大きさを決めたら、見出しなどは適宜、ベースの大きさより1段階大きくするなどして調整して行くとうやり易いと思います。

さらに、ターゲットの年代にもよります。ターゲットとしている年代の方に見て貰って、アドバイスを頂くのが最善だと思います。


◆適度に行間を空ける

行間を詰めた状態で長々と文章を書くと非常に読みづらくなります。
論文サイトはこの手が多いです。見る気がしませんし、読む気など全く起こりません

企業の公式サイトを見ると意識して行間を適度に空けてます。


◆文字装飾

黒一色のテキストは読者を飽きさせてしまいます。重要な部分は太字にしたり、赤字にしたり、下線を引くなど色んな方法で見栄えをよくします。

但し色付きを連発しない様に。逆に見にくくなってしまい、「読み物」としては少し無理があります。

黒も意識が必要です。公式サイトを良く調べると漆黒ではありません。やや灰色が入っています。
RGBコードで言うと#333か、#666になっています(漆黒は#000000)。


◆段落分けをする

長い文章を快適にみてもらうテクニックとして、こまめに段落するという手があります。
数行書いた時点で次の段落に行っても問題ありません。


◆第三者に見てもらう

一通り出来あがった物を第三者に見てもらい、意見を貰うと良くなります。
自分では良いと思ってした事も、第三者にとっては邪魔な文章や装飾が良くあるものです。



関連記事


もしも「今からアフィリエイトをやろう、稼ぐ。」 と考えているのでしたら、悪い事言いません。
本格アフィリエイトを断念して趣味+αにするか、本格的に勉強をするかのどちらかにした方が良いです。
アフィリエイトに必要なもの、事。それほど多くは有りません。
インターネットに接続されたパソコン、ASPに登録申請、ドメイン取得、レンタルサーバ、ブログ登録&投稿、サイト作成&サーバアップ、検索エンジンインデックス、地道なSEO。
ASPにアフィリエイト登録して初めてアフィリエイトが可能になります。
各ASPともアフィリエイト登録申請時にサイトかブログを提示して審査を受ける必要があります。
アフィリエイトサイトの同一ページに異なるASPの広告を並列同時掲載することもできます。
何とかサイトを作成してレンタルサーバにアップしても、そのままだと大海の孤島で誰も存在を知りません。
すぐ検索エンジンに登録して下さい。キャッシュとかインデックスとか言ってます。
携帯やスマートフォンなど、その時の最先端向きアフィリ教材もありますが、スタリも早くなります。
時代やツールが変っても、商材選定〜サイト構築などの取組み方や思考は変りません。
その辺りを詳しく解説しているものを選定しました。