サイトの配色

このサイトについて サイトマップ


アフィリエイトで稼ぐのは厳しい⇒アフィリで稼ぐ為に⇒サイトの配色


サイトの色彩選びは心理的効果の点で重要な要素


本文の攻略←|→バナー広告とテキスト広告




★サイトの色調と業種の関連を意識★

記事23


色は、サイトを開いた瞬間の「イメージ」なので重要な要素になります。

間違えたら大変、ダメージ大きいです。


「色」と「心理」には密接な関係があり、サイト構成でも色の心理効果を見過ごせません。

代表的な色の心理的効果は次の通りだと言われています。

赤:情熱・活気・興奮・エネルギー・健康

ピンク:優しさ・愛情・柔軟・女性的・穏やか

青:知性・真実・清涼・冷静・深遠・憂鬱・消極

緑:自然・平和・安らぎ・癒し・潤い

黒:高級・重厚・厳粛・硬い・静寂・罪悪


これを踏まえると、サイトの基本色選びが決まってきます。


@ビジネス系は寒色系

落ち着き、安心感、清涼感、信頼感等の印象を受ける寒色系(青、水色、緑など)が良い様です。

google、yahoo、amazonも青が基調になっています。ビジネス主体のサイトはほとんどが寒色系で構成されています。

ビジネス系ポータルサイトの色調は青がベースになっています。

色々検索して見ると、納得です。


A食品系は暖色系

暖色系(赤、橙、黄色)は食欲をそそる色彩である為、食品系サイトで基調色になっています。

カレーライス、ラーメン、ビザ、パスタ、牛丼を想像して寒色系をイメージ出来ません。

多分、青、紫を想像した人はいないと思います。青、紫は食品系のダブー色です。


Bピンク、紫は基調色に使用しない

出会い系サイト、アダルト系サイトならいいかも


色は理屈では無い様です。

ドーシテ、ビジネス系は寒色?」って、説明しずらいですね。

見る人の心理」で納得するしか無い様です。










関連記事


もしも「今からアフィリエイトをやろう、稼ぐ。」 と考えているのでしたら、悪い事言いません。
本格アフィリエイトを断念して趣味+αにするか、本格的に勉強をするかのどちらかにした方が良いです。
アフィリエイトに必要なもの、事。それほど多くは有りません。
インターネットに接続されたパソコン、ASPに登録申請、ドメイン取得、レンタルサーバ、ブログ登録&投稿、サイト作成&サーバアップ、検索エンジンインデックス、地道なSEO。
ASPにアフィリエイト登録して初めてアフィリエイトが可能になります。
各ASPともアフィリエイト登録申請時にサイトかブログを提示して審査を受ける必要があります。
アフィリエイトサイトの同一ページに異なるASPの広告を並列同時掲載することもできます。
何とかサイトを作成してレンタルサーバにアップしても、そのままだと大海の孤島で誰も存在を知りません。
すぐ検索エンジンに登録して下さい。キャッシュとかインデックスとか言ってます。
携帯やスマートフォンなど、その時の最先端向きアフィリ教材もありますが、スタリも早くなります。
時代やツールが変っても、商材選定〜サイト構築などの取組み方や思考は変りません。
その辺りを詳しく解説しているものを選定しました。