サイトの配色

このサイトについて サイトマップ


アフィリエイトで稼ぐのは厳しい ⇒ アフィリで稼ぐ為に ⇒ サイトの配色


サイトの色彩選びは心理的効果の点で重要な要素


本文の攻略 ← | → バナー広告とテキスト広告




★ サイトの色調と業種の関連を意識 ★

記事23


色は、サイトを開いた瞬間の「イメージ」なので重要な要素になります。

間違えたら大変、ダメージ大きいです。


「色」と「心理」には密接な関係があり、サイト構成でも色の心理効果を見過ごせません。

代表的な色の心理的効果は次の通りだと言われています。

赤  : 情熱・活気・興奮・エネルギー・健康

ピンク: 優しさ・愛情・柔軟・女性的・穏やか

青  : 知性・真実・清涼・冷静・深遠・憂鬱・消極

緑  : 自然・平和・安らぎ・癒し・潤い

黒  : 高級・重厚・厳粛・硬い・静寂・罪悪


これを踏まえると、サイトの基本色選びが決まってきます。


@ ビジネス系は寒色系

落ち着き、安心感、清涼感、信頼感等の印象を受ける寒色系(青、水色、緑など)が良い様です。

google、yahoo、amazonも青が基調になっています。ビジネス主体のサイトはほとんどが寒色系で構成されています。

ビジネス系ポータルサイトの色調は青がベースになっています。

色々検索して見ると、納得です。


A 食品系は暖色系

暖色系(赤、橙、黄色)は食欲をそそる色彩である為、食品系サイトで基調色になっています。

カレーライス、ラーメン、ビザ、パスタ、牛丼を想像して寒色系をイメージ出来ません。

多分、青、紫を想像した人はいないと思います。青、紫は食品系のダブー色です。


B ピンク、紫は基調色に使用しない

出会い系サイト、アダルト系サイトならいいかも


色は理屈では無い様です。

「 ドーシテ、ビジネス系は寒色? 」 って、説明しずらいですね。

「 見る人の心理 」 で納得するしか無い様です。